Rainbow The HOUSE2 攻略

    Rainbow

     ADV 脱出 フリーゲーム攻略の備忘録 ─制作者様に感謝─

    The HOUSE2 攻略

    The HOUSE2 攻略

    The HOUSE2

    STORY
    小さな町に何十年も閉ざされたままの家がある。
    その家には裕福な家族が住んでいたが、ある日、父親、母親、娘、そしてメイドがそこで自殺をする。

    それ以来、呪われた家だと信じた近隣の住人により、家は閉ざされた。
    ある者は言う。家から女性の悲鳴が聞こえると。
    でも誰も中に入ろうとはしない。
    あなたなら、どうする?


    PLAY:The HOUSE2

    備考:クリックポイントのみ記載

    関連作品
     The HOUSE



    ◆玄関◆
     ドア

    ◆リビングルーム◆
     写真立て
     イスの上のメモ
     スイッチ
     床の上のメモ

    ◆バスルーム◆
     シャワーカーテン
     蛇口
     トイレタンク
     画面中央の聖書
     洗面台の中のメモ

    ◆ベッドルーム◆
     オルゴール
     くまのぬいぐるみ
     壁の額
     メモ
     画面右の紙

    ◆ワーキングルーム◆
     奥の窓の左側(照明スイッチ)
     薬瓶
     引き出しのメモ
     ロープ
     *消灯時、光る場所有
     床の上のメモ

    ◆セーフルーム◆
     金庫(PASS:1947
     闇




    1964年9月19日

    奇妙なものを感じる。
    子どもの世話役として、ここで働くようになった初日以来それを感じる..

    怖い..
    辞めたほうがいい???



    娘の誕生年



    1965年1月4日
    彼女は時々、独り言をいい、夜に笑い出し、誰かを呼んでいる



    彼女は  ではない



    私を許してください。
    子供にしたことをどうか許してください。



    養子縁組証明書

    ニコール・A・マティ


    1963年12月24日正式に養子になりました。
    ウッドランド孤児院

    養親
    ミル・G・ラウシュ/メアリー・ラウシュ



    あの子は毎晩来るの
    あの子はかくれんぼするのが大好きよ
    あの子は隠れるのがとても上手で、私は見つけられないの



    保健省
    人口動態統計局

    出生登録注意

    この出生証明書は、人口動態統局の国家登録に提出されていることを証明する

    名前:エレーナ・ラウシュ
    誕生:1947年8月8日 ウッドランドにて

    父の名前:ミル・G・ラウシュ
    母の旧姓:メアリー・スヴェンソンズ

    提出:1947



    もう苦しんでる姿を見るのは耐えられない

    可愛そうな私の子
    安らかに



    1947年12月24日



    どうして?
    どうして死ななくちゃいけなかったのママ?

    どんな理由があったとしても私は生きたい!

    もし良かったら・・・?!(^_^;)
    そこそこ売れっ子の人気ボイスパーッカショニストの『HIKAKIN(ヒカキン)』さん〔たぶんネプチューンの3人とも
    面識があると思います。。。(^_^;) 確認していないので本当かどうか分かりませんが。。。?!(^_^;)〕もPLAYして
    みたらしいですが、それなりに怖いモノは苦手らしく是非『You Tube』で実況動画があるので見てあげてみて下さい
    。。。?!(^_^;)/ ちなみに当方は『The HOUSE』は何回もやった事があるので、だんだんその面白怖さがクセに
    なるぐらいにハマッてしまったので怖いと思わなくなってしまった感じです。。。(^_^;)
    20131103 : 1141 : 編集
    v-68jhh
    20131030 : 1747 : 編集
    パスワードのヒントとかはあったのだろうか
    20130710 : 2112 : 編集
    「The HOUSE」のときよりリアルw
    「The HOUSE2」サイコー\(^o^)/w
    20130427 : 2107 : 編集
    トイレウケタ・w・
    チラリズム♪
    20120923 : 1354 : 編集
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL